求人情報だけでは得られない企業の素顔

求人情報というのは、ある程度企業を良く見せようとする意図があるため、本当の企業の姿を知ることはできません。
書類選考にパスして、筆記試験と面接試験に臨む段階になって初めて企業の横顔が見えてくるものです。
面接を担当する社員や役員の雰囲気や言葉遣いなどから、企業の体質や素顔のようなものを垣間見ることができます。
大した企業とは思えないところでも、面接官がずいぶん背伸びしたり優良企業の真似をしているような雰囲気の会社もありますが、面接を受ける人から見ても笑ってしまいそうになります。
面接試験は、受ける人も試験をする人もありのままということを意識した方が、意義のある面接試験になるのではないでしょうか。
採用する意思が無いと判断した瞬間に、面接官があからさまにやる気を失くすような態度を取るような企業は信用されないでしょう。
持ち時間を精一杯面接に臨むのは受験者だけではなく、面接を実施する企業にも言えることではないでしょうか。