日本の将来と需要が高まる職種に関して

団塊の世代の大量退職をうけて、空前の人手不足の状況になっています。
中でも深刻なのが、介護の分野ではないでしょうか。
外国人労働者の受け入れが増えていますが、介護の資格を取得するための言語の勉強は大変です。
文化の壁も立ち塞がっていますし、自国の求人は自国で賄うのが理想ではないでしょうか。
介護の求人が増えることは確実ですから、これを成長産業に繋げる努力が政府には求められています。
離職率を抑えるためには、賃金のアップと待遇面の改善が必要不可欠です。
年収がアップすれば、結婚をして家庭を持つことにも結び付くのではないでしょうか。
そして、もう一つがシニア層の有効活用ではないでしょうか。
昔に比べるとシニア層は元気ですし、再雇用システムを構築して現場でバリバリと働いてもらうことです。
ベテランの知識と経験は役に立ちますし、彼らの存在を上手に活用することが大切です。
超高齢化時代はすぐそこですし、早めの対策が求められています。